読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CRISIS #3

石川くんが越境してしまった時に着ていたスーツはまるで喪服みたいに真っ黒だったけど、稲見くんはきっと白を身に纏って「危機」と対面するのかなと思ったらやっぱり(いつもの金城一紀作品らしく)しんどいなあと4話予告を見て思いました。

今回平成維新軍と名付けられたグループはどこにでもいそうな少年たちのグループで、おそらく彼らを意のままに操っている大人がいるのでしょうが、その大人の存在が暴かれるのか暴かれないのかが話のキモになるのでしょうか。
SPでは「大義」と「雄翔会」、BORDERでは「悪と表裏一体の正義」と「安藤」みたいな感じで、今散らされているキーワードが物語の核になっていくのでしょうが、正直まだ4話なのでなにも解らない(当たり前ですが)。
毎週毎週見てその度ああでもないこうでもないと予想しますがそれを遥かに凌駕する存在で今までも裏切られて来たので今回も裏切られるのだと思います。
その時の自分の受け取り方や落ち込み方がくせになるというか…(FDFで須藤元気を前にした無力感、など)。

どんどん絶望に近付いていってるのだなと思うと正直毎週ジェットコースターに乗ってるみたいなんですが、今回の話も後味悪くて好きでした。
キャラクターに思い入れをしてしまうと絶対に傷つくのでストーリーを見ていたかったのですが、今日の稲見くんのラストのシーン*1を見ているとなかなかそうも言ってられず、でもまだ信用するには情報が出揃っていないので、早く続きが見たいです。

金城一紀作品、この辺のさじ加減が大好きなので何回も見てしまう…。
でも来週が来てしまうと最終回が近付くわけで…それは寂しいわけで…東京はまだ寒いわけで…。

crisis
[名詞] (pl. -ses[-siːz])
1 (未来のすべての態勢が決定される)転機,決定的な時[局面].⇒EMERGENCY【類語】
2 (社会的・政治的・国際的な)重大時局,危機,恐慌
a food [a financial] crisis
食糧[財政]危機
oil crisis
オイルショック.
3 (人生における)激変[転換]期,危機,重大局面
get through the crisis
急場をしのぐ.
4 〔医学〕
(1)分利:重い病気が回復するか死に向かうかの決定的な変化の起こる境目.
(2)(病気の)峠,危機
pass the crisis
〈病気が〉峠を越す.
5 (劇・物語で)危機一髪の場面.

dictionary.goo.ne.jp

borderは、すなわち境界のことで、境界は飛び越えるためにありましたが、crisisとなると対面したり対峙したりするけれども、これが「訪れるもの」であるのだとしたら誰にも抗う事ができず、それこそがクライシスなのかな、とぼんやり。

全然話は飛びますが、”A”ngo “I”shikawaで「BORDER」、”Akira” “I”namiで「CRISIS」なら、次は「A」か「D」で旬くん×金城一紀作品をやって欲しいです。

(追記)
緑→白というより緑→ライトグレーなので、ミリタリー色が抜けて正義を護る警察官になっていくのかもしれない。今日も「あれは警察か」と情報屋に尋ねられていたし。
その時田丸さんは対比としてバディとしてどう描かれるのか。ううむ。
維新ということばと転換期ということばは同じグループにいると思うので、きっと田丸さんが動かされるんだろうなあと想像しておりますが、さてどうなるだろうか。
また、市井の民を軍人としてキャプチャーして……言い方を変えれば思想に感染させていくのはSPでもありメタルって感じでもあり好きな文法なので、そういうところもどうだろうか。
あっ、それって虐殺の文法なんじゃないか? と思ったけどそれはなんか違う気が、するけれども、誰かが染まっちゃいそうな気はちょっとする。

*1:小説も読みましたが、特捜班それぞれのキャラクターの距離感もベタベタしていなくて好きです