ふと目が合ったので遠征に行く

おひさしぶりです。
ブログになにか書こうとすると、だいたいいつもお久しぶりになってしまうのですが、このブログも開設して5年くらいになり、生きているので日々好きなものも移ろいやすく、そうなってくるとだいたいいつも新規ハイで、自分の言いたいことがうまくまとまらず、ここまで長い一文で一文が長いのは文章がへたくそって聞きました、まとめると毎日楽しく過ごしています。

今回は登坂広臣さんのツアーに行ってきます。
ふと目が合ったその時から物語が始まってるらしいので行ってきます。自分の本アカのツイを遡ったら2013年の時点で登坂広臣さんの顔がいいって呟いてるツイートがあったのでこれはもはや業です。生きること、それは業。
えジェネは? 銀魂は? エイトは?? みたいな感じですが、もろもろすっ飛ばさないと私の嗜好にブログが追いついて来ず……。
(UJはなおとさんもリーダーBDもオーラスも無事参加しました◎ はよ円盤化してくれ)
(銀魂関連は旬くんにまつわる挨拶関連全落ちで悲しみです。現場ほしい)
(えいとはツイッターに書いた)

……以前VBBのときにも遠征バッグの記事を上げたのですが、その際ちょっとしたハプニングに遭遇し、とても嬉しかったのですが反面めちゃくちゃ恥ずかしくなってしまい記事を下げた経緯があります。
というわけで今回は文字だけの備忘録代わりに。
遠征、あんまりしないのでその都度ギャー! ってしてしまっていまだに慣れないんですよねえ……。

今回は一泊二日だよ

前提:向こうは半袖な気候らしい(先に行って今頃楽しんでる知人情報)

今回はリュックにしたよ

  • サブバッグとしてショルダーを持っていくよ
    • ショルダーは財布チケ双眼鏡タオル小さいメイク入れ
  • さらにサブバッグとしてうすいB5サイズくらいのペラペラの袋(アンダーカバーとマイメロのコラボのやつ……)とヤンフラトートをプラス、お土産用
    • 現地で動くときはショルダーで、ペンラ買ったらペラペラ袋につっこみます

着替えはいつもどおりだよ

  • 遠征先でもなるべく着たい服を着るよ(かさばり度外視)
    • アームカバー必須(ズボラババシャツ)
    • パジャマも持ってくよ(腹が冷えて死ぬよ)

メイク道具

  • でかいメインメイク入れにはメイク道具一式
    • 下地とファンデは試供品
    • 使い捨てスポンジとか綿棒
    • シャドウベース、シャドウ、アイライナー、アイブロウ、チーク
    • そして常備薬
  • 小さいメイク入れ→ショルダーに入れる
    • リップと目薬と粉
    • 常備薬は適宜持ち出す

ペンライトは現地調達、これは遠くないんだし事前に中目黒で買っておけばよかった。
LDHはパンフレットがないのが寂しいですが気軽にポンと行けていいですね。
ちなみに私の愛用している双眼鏡はこれです

Nikon 双眼鏡 スポーツスターEX 8×25D ダハプリズム式 8倍25口径 SPEX8X

Nikon 双眼鏡 スポーツスターEX 8×25D ダハプリズム式 8倍25口径 SPEX8X

オタク双眼鏡界ではマイナーなNikonですが、やはりカメラメーカーだけあってレンズは一級品です。安いものよりも視界がくっきりクリア鮮明に見えます。
また、このスポーツスターは実視界8.2°と実際の視界よりも世界が広く見えるのがおすすめです。自担ばかり注視することで今夏知人に若干引かれたような気がしましたが、こいつのおかげで周囲にいるメンバーの動きも視界にとりあえずは捉えています。
あと暗いところで覗かないとわからないのですがめちゃくちゃ明るいです。ドームの暗闇の中待機しているところもばっちり見えます。たとえば40ゲートからバクステでアクションタイム待機してるこもゆぴやら、客席にいる……さんやら、関係者席にいるジュニアやら、これは近かったので気付くも何もですがtorn前の待機とかしっかりばっちり見えたりします。
そのうえ防水なので野外にも行けます。あと軽いので手元がブレにくく、長時間構えていてもあまり苦ではありません。片手で構えながらペンラを振るという芸当もお手の物です。
個人的にこれ以上は……防振かな……と思うのですが、防振手前でとどまりたい人におすすめです。防振かさばるしね!

というわけで先週で坂本どんも頭バサーッされて悲しいけど人生で自分の推しが坂本龍馬を演じるところが見られて最高だったのでそろそろせごの時間です!
話は変わりますがハイローを見たら誰でも町田啓太くんのことを好きになってしまうと思うのですが、そんな町田啓太くんが出てる映画OVER DRIVEは最高なので円盤化したら見てください。まっけんゆ~にぶつかって爆発四散! エンディングまで見たら塵も残らない! おすすめです。
オタク楽しい!
おやすみなさい。

5/12 GENERATIONS LIVE TOUR 2018 UNITED JOURNEY@ナゴヤドーム

(したがき)
とにかくみんなかっこよくてかわいくてワイワイしてて見たかったGENERATIONSがそこにいた!
最近色々見たけどやっぱり自分には(LDHでは)ジェネが一番しっくり来るな〜なんでかはまだ言葉に出来ないけどとにかく楽しかった。
7人の船出が華々しくてよかった。
間近で見れたのもラッキーだった。めっちゃバクステ(というかトロッコがバクステになる方式)来てくれてそこも考えられてた。
ロッコが車なのはおあらしさまで見たけど船〜〜!船か〜〜!いや解ってたけど船な〜!サイコー!
めっちゃジェネらしいドームの使い方だったと思います
長ったらしくなったのでぱっぱっと書いてるけど最初のムービーからの流れもお話(?)が解りやすくてちゃんと飲み込める作りになってて、そこからの各曲・パフォーマンスの広がりにも戸惑うこと無く受け入れて楽しめた!
ジェネは「戸惑うことなく受け入れる」のが容易なグループなのはかなり強いと思った……。
なんだろう、殴ってこないあの感じ。かなり珍しいのでは
あとまあそりゃみんなかっこいいのあったりまえなんだけども推し(亜嵐くん)の……飛び散る汗を間近で見て……地面に落ちるまでがスローモーションすぎて脳裏に焼き付いてすごい
あとびしゃびしゃの玲於くんが運ばれてきてすごかった お水飲んで欲しい トロッコすごい ありがとう こんなにトロッコありがとうと思ったことまあまずない!!!!!トロッコありがとう!!!!!!!!
なんもかんも「わかる。」すぎてもう明日UJ入りたい気になっている
だって佐野濱だったりカリブの海賊だったりジェネが……持って踊ったりパフォーマーのショーケースが……とかワカンダフォーエバーとかレディプレイヤーワンとかマグニフィセントセブンとか日本におかえりしたらまさかの……で……が……!!!!!!!!!!!!だったりしたんですよ!?!?!?!?!!?!? それ見たかったやつだよ!!!!!!!ワアアアアアアア!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 龍友くんすき……亜嵐くんだいすき……玲於ちゃんだいすき……みんな好き……神

書いてたら長くなったからとりあえず普段使ってるTwitterのアカウントで連投してる感じで書いた
まとまらないっていうかまとめたら長くなるからとりあえず初回はネタバレなしでこんな感じでしょ……みたいな……
エーン次は8月です遠い!!!!!!
明日UJ見たい 入りたい はやく円盤出してください8月行きますけど!!!!!!
最高だった
まとめたらちゃんと書き直すけど勢いで残しておくのも大事かなって……
最後玲於ちゃんのシャツがビリビリだったのが 胸元にシール貼ってんのがキャーでした

オタク社会科見学 DANCE ALIVE HEROES FINAL 2018

いつも通りを心掛けようとしても堂々巡りで、そのスパイラルから永劫抜けられることってないだろうし、グルグルしながらも時間は経つし、それが生きてるってことなのかもなあと思いました。

という話は置いておいて、割と社会科見学には行ってるような気もするんですが、今日はほんとに触れたことの無いゾーン【ストリートダンスバトルのコンテストの決勝戦】に行ってきましたよ。ジェネ及びラグパン動員ですが……。
以下感じたことのメモ。ダンスは見る以外ちっとも知らない人の視点です。

  • 会場内でお酒が飲めるのでお酒飲んでダンス見てガヤ飛ばしてお酒飲んで……みたいなことが出来て新鮮だった
  • ダンスでいうところのバトルフィールドというもの、今回はステージとしてきちんと用意されていたけれど、あれがストリートやクラブで偶発的に起こるのであればなんてドラマチックなんだろうと思った。もちろん用意されてる時もあるんだろうけど、ああいうのがそこかしこで起きてるんだとしたらすげえ面白い。
  • しかも全部即興なんでしょ!? すごいよ……決勝戦とか特にだけどダンスであんなに場が盛り上がるのって単純にすごい
  • そう。普段って煽っても盛り上がっても「鑑賞」だったけど、言葉による煽りも歌もなく、ダンスだけで場が盛り上がるという体験が初めてだった。結構自分的にはセンセーショナルだった
  • 純粋な熱はどこの世界でも最高
  • 主催者の人の「小さい頃から安全にダンスが学べるのは日本だけ」という視点も、普段そんなこと考えたこともなくて、ダンスやってる人たちってLDHの人々にしろどうも自分のような市井の人間からするとどうにも熱量に余りにも差があるな、みなさんなんで人口を増やすことにそこまで重い使命を感じているのだろうと思ってたんだけど、ああそういうことなのか、と腑に落ちた(視野の狭い人間なので)
  • ようやく自担(櫻井翔)の師匠(バーバルさん)を生で拝んだ
  • FANTASTICSくんたち、先週ラクーアの無銭イベも行ったのですが(行ったんかい)みんなバブ……若いきらめきとアツさってぐっとくる……瀬口くんだっただろうか、脚がとてつもなく長い子がいて大樹くんと並んでてかわいかった
  • 世界くんのグループはダンスの見せ方が大人っぽくてかっこよかった
  • ラグパンはやっぱりむちゃくちゃかっこいいし単純にぶち上がるし、ていうか本当に踊ってるときの佐野玲於さんは生き物の「生」そのものを見せつけられてる気になってずっと見てしまう。帽子落としちゃったのをメンさんにそっとフォローされるとことまで「ナマの生き物」という感じがして、かっこいいとかじゃなくて手触りを感じられたような気がして心の底がざわっとした。私この人めっちゃ好きだ。知ってたけど。
  • というかラグパン組というかTwiggz FamのみなさんはJUNさんが出てくるとセコンドで普通に出てくるのでまずそこで「れぉちゃ!?」ってなって佐野玲於さんと同じものを見て熱くなって私は客席からヒューっていってその感じが今まで経験したこと無くてテンションがすごく上がった……信じられないくらい上がった……のあとのラグパンだったんですごかったんですよ
  • は! とDJブース見たら爆イケの金髪がいては!? ってしたら小森隼さんその人だった。J.S.B.undergroundとしての隼くんかっこよすぎて、やっぱりガシガシにダンスしてる小森隼は何かに取り憑かれてるようにかっこよかった。もう単純にかっこいい。ていうかJSB(ブランドの方)の服がキマりすぎている。赤と黒があんなに似合う! Love You Moreの小森くんはめちゃくちゃ天使なのに今日は爆イケさまだった!!!!!! 夜の焙煎活動が効いてる……(脳死)
  • イーガちゃんはみんなかわいいねえ……そもそもSTRAWBERRYサディスティックがなかったら絶対ハイロー見てなかったからマジ感謝、という気持ちで見ました
  • で、目当て、来るんですけど、すごいね。抱いてたイメージそのまま取り出したみたいなGENERATIONSがいてびっくりした。芸能人って大抵見るとギャップにやられる〜みたいなことあると思うんだけど、まあ今日は2曲しか見てないけど、数原くんは髪切ってオラオライケメン度上がりまくってたし、片寄くんは相変わらず脚長王子で上下デニムなのにあんなにステージ映えする人いねぇよって感動したし、小森くんは上記、ゆうぴは……なんか……かっこよくて意味が解らなかったし、佐野玲於さんについても上記、白濱亜嵐さんは実在していた
  • 亜嵐くん、これはMCのライビュに行った時からジェネを見るようになってずっと思ってるけど本当に周りのことよく見渡してる。周りを見てすぐに自分がどう動くか判断するの恐ろしく頭の回転が速いんだと思う。当然経験もたくさんされてるんでしょうがキレがよすぎて、周囲を見渡して最終的に視線の先が隼くんだったのでヘニャ〜とした。日出……おそろしい……。
  • お互い全然別の所見て別の動きしてるのにシンメとして正しい振る舞いをする佐野濱は背中預けあったマジシンメなんで激推ししていきます
  • Twiggz組、ゲスト出演終わって、ずっと出入り口にいる、玲於さんずっとステージを見る。ダンスバトルの最先端最高峰の情報は常にチェックしておきたいのかなと思ったり、当然知り合いも多いのだろうけどいつまでたっても玲於さん(メンさんも)そこにいたのでそういうとこでも高まりました。ダンスを見る姿勢がかっこよかったんだ、とても。

まとめ! 好きな人と同じもの見て歓声を送れたのがたのしかったです! おわり!

10年前の私へ

前略
お元気ですか? 学生生活には慣れましたか?
作品は作れていますか? 出来なくても結局もの作りからは離れられないので安心してくださいね。
発表の場はプロとして活動することだけじゃないですよ。むしろそれは2006年の時点で求めていなかったはずです。
プロ志向の友人に囲まれているからといって、それに乗ろうとして乗れない自分にがっかりしないでくださいね。
向き不向きの問題です。でも勉強は欠かさずしてください。本を読むだけでも大丈夫と言いたいのですが、それを言うとあなたはおそらく本ばかり読むので、なるべく経験を重視した学習をするようにしてください。
あと、大変残念な話ですが、その彼氏とは別れます。世の中なるようにしかなりません。あまり調子に乗らないでくださいね。

さて、10年後の私はというと、あなたのいる2008年時点でまだ中学生の男の子に夢中になってしまいます。
あなたからするとただの地方の中学生の男の子かもしれませんが、その男の子が驚くべき野心と自信とそれを裏付けるルックスと努力とひらめきであなたの前に現れます。
その子は、身長は高いとは言えませんが、とにかくイケメンです。イケメンからは逃れられません。これは呪いです。
ヨゴレを自分から買って……いや、買いもせず何も言わずにヨゴレになるタイプです。
頭の回転がはやく、おかしなことをたくさん言いますが、よくよく考えると場の空気を読んだ的確な判断ばかりで「どうしてそんな判断を下せてしまうのか」とあなたは恐怖します。
畏怖の心こそあなたのときめきの原点です。
おもしろいイケメン。大好きでしょう。昔からあなたはそうなんです。
また彼は顔面が驚くほどいいにも関わらず、それを鼻にかけません。
でも自分の顔面に自信があるので、その自信にあなたは心底惚れ込んでしまいます。
名前を白濱亜嵐くんと言います。
ちゃんと覚えてくださいね。

ちなみに、2011年に櫻井翔くん、2015年に小栗旬くんにドハマりし、2018年はここに白濱くんが加わることで推しが3人体制になります。
好きなものがたくさんあって楽しいですね。
一本道の求道者になんかなる必要ないですからね。
それでは、また手紙を書きます。

続きを読む